色んな人に愛されている競馬の骨組みや歴史と楽しみ方

日本という国は、とにかく外国に比べるとギャンブルの数が非常に少ないですね。

カジノなどもなく、賭博自体が違法とされているので賭けごとでお金を稼いだり楽しんだりするような娯楽が非常に少ないんです。

しかし、少ないながらもむしろ少ないからこそ楽しむことができるギャンブルは非常に質が高いんですね。

その中でも、かなり古くからあり色んなところで楽しむことができるギャンブルと言えば競馬という物がありますね。

競馬は、非常に歴史の古いギャンブルでその発祥は馬術の盛んだったイギリスだといわれているんですね。

pappaka2

馬が家畜化され始めたころから、すでに競馬の骨組みになっていた競争は行われていたのですが、今の競馬のほぼ完成系に近いような物は古くはローマ帝国時代には出来上がっていたと言われているんですね。

しかも、外国だけではなく日本でも平安時代には競馬とかいてくらべうまというような文化があったような文献が残されていたりと、それこそ日本の江戸時代なんかに出てくるギャンブルのサイコロなどよりもずっと古いギャンブルなのです。

正式なルールなどが出来上がり、競馬がより近代化され始めたのはおよそ16世紀ごろでイングランドで今の競馬のルールの土台のようなものが出来上がったといわれているのです。

更に、17世紀にはフランスやアイルランドなどでも近代競馬が行われるようになり、19世紀ごろにはドイツやイタリアなどの国でも行われるようになったと言われているのですね。

日本にも、もともと競馬のような概念を持っていた物自体はあるのですが近代競馬が伝わってきたのは実はかなり最近のことで第二次大戦が終わったころと言われているのですね。

競馬、と聞くと競馬場なんかはギャンブル好きな中年男性がたばこをふかしたりしていて、男の集まりという風に見られがちなのですが、最近ではそんなイメージもなくなってきました。

それこそ、競馬場をデートの場所にするカップルや家族連れの競馬観戦者もいたりするのです。

それは、皆でギャンブルをするというわけではなくそれこそ馬の競争をただ見て楽しみたいというような人たちが集まるなど、単なるギャンブルだけではなく一種のスポーツ観戦のような見方をすることもできるという魅力が競馬にはあるのです。

実際、競馬場に入るのは馬券を買う事は義務づけられていないのでそれこそギャンブルをしなくても競馬自体を見ることはできるので、色んな人に愛されているジャンルなのです。

 

初心者には地方競馬がお勧め

 

競馬というギャンブルは、とにかくあてるのが難しく予想屋などがいたりはするのですが、そもそも競馬でより確実に当てることができるような人がいたらその人は大金持ちになっていますからね。

そうそう競馬で勝ち続けるなんていう事はできないわけですが、それでもある程度勝ちやすいというようなものはあります。

特に、競馬の初心者はまずは地方競馬を利用して馬券を購入してみるといいかもしれません。

地方競馬は、中央競馬に比べると、それほどハイレベルな物ではなくレベル格差が激しかったりしますので、かなり予想がしやすいんですね。

pappaka3

また、地方競馬は基本的にダートのみになっているところがほとんどですので、とてもわかりやすいという魅力があるのです。

やっぱり、競馬もやるからには馬のレースだけでなく賭けごと自体も楽しみたいですし、お金をかけるにはできるだけ勝ちたいと思うのが人の心理です。

競馬も、借金をつぎ込んだりしなければ破産するようなことこそありませんが、運よく大穴にでも当たれば万馬券に化ける可能性も多いにありますからね。

地方競馬は、初心者が競馬の感覚になれるという意味でもとても向いている場所なので競馬をやってみたいと思う人はぜひお試しを。